書籍『福島大風呂敷』・DVD『ドキュメンタリープロジェクトFUKUSHIMA!』(準備中)

震災を機に生まれ、各地に広まったプロジェクト「福島大風呂敷」の本と、2011年のプロジェクトを追ったドキュメンタリー映画がDVDが完成しました。

本は、10m×10mサイズの大風呂敷85枚をポートレート撮影し収載、集まった1枚1枚の布が持つ背景、縫い合わせる作業をした多くの人々、広げられたさまざまな場所について、これまでとこれからをたどる一冊です。

English Page>>>

ーーーー書籍ーーーー
福島大風呂敷
FUKUSHIMA O-FUROSHIKI

仕様:A4 wide 303mm x 234mm full color 176 pages 上製本 / deluxe edition 〈Japanese・English〉
ISBN:978-4-600-01415-5 C0036

CONTENTS:
はじめに 004
プロジェクトFUKUSHIMA!宣言文 006
大風呂敷ポートレート 013
大風呂敷ドキュメント 113
 福島大風呂敷、制作日記2011 中﨑透
 福島から広がる表現のかたちー大風呂敷サミット2017シンポジウム「大風呂敷はどこへ行く?」
 大風呂敷マッピング2011-2020 アサノコウタ
 札幌おおどおり大風呂敷工場おばちゃん物語 沼山寿美枝
 福島大風呂敷工場のこと 大友良英
 大風呂敷、その最初の二年 細馬宏通
プロジェクトFUKUSHIMA!クロニクル 147
 詩の礫 和合亮一
 Flags Across Borders
 ええじゃないか音頭
 プロジェクトFUKUSHIMA!の盆踊り マヒトゥ・ザ・ピーポー
 フェスティバルFUKUSHIMA!2019 納涼!盆踊り 岩根愛
 遠藤ミチロウインタビュー by VOID Chicken
 プロジェクト FUKUSHIMA! 主な活動記録

デザイン Design:
REFLECTA, Inc. 田岡美紗子+岡﨑真理子 Misako Taoka+Mariko Okazaki

編集 Editing:
小池晶子 Akiko Koike
坂口千秋 Chiaki Sakaguchi
髙野久美子 Kumiko Takano
中﨑透 Tohru Nakazaki
沼田夕妃 Yuki Numata
山岸清之進 Seinoshin Yamagishi
和田陽子 Yoko Wada

ーーーーDVDーーーー
ドキュメンタリー プロジェクトFUKUSHIMA!
Documentary Project FUKUSHIMA!

監督:藤井光   Film by Hikaru Fujii
音楽:大友良英  Music by Otomo Yoshihide
仕様:90 minutes Region All / NTSC English Subtitle

2011年3月11日、東日本を襲った大震災と、それによって引き起こされた東京電力福島第一原子力発電所の事故によって、福島は地震と津波の被害に加え、放射能汚染という未曾有の事態に見舞われました。その福島出身/在住の音楽家と詩人が発起人となり、集まった福島県内外の有志によって立ち上げられた「プロジェクトFUKUSHIMA!」の、1年目の動きを追ったドキュメンタリーです。(出演アーティスト:遠藤ミチロウ 大友良英 和合亮一 坂本龍一 レイハラカミ 七尾旅人 ユザーン 渋さ知らズ ほか)

【発行】プロジェクトFUKUSHIMA!  Published by Project FUKUSHIMA!
【発行日】2024年3月11日 第1版第1刷発行 / Published in Japan on March 11, 2024

本書はクラウドファンディング「福島大風呂敷を本にしよう!」プロジェクトにより制作されました。

仕入れのご相談はフォームよりお問い合わせください

福島大風呂敷「はじめに」より

2011年3月11日、東日本を襲った大震災と、それによって引き起こされた東京電力福島第一原子力発電所の事故によって、福島は地震と津波の被害に加え、放射能汚染という未曾有の事態に見舞われました。地元のためではなく首都圏で使われるための電気を作る発電所で起きた事故であるという不条理は、今でも忘れがたいことです。原発から20km圏内などが避難区域となり、10万人以上の住民が住み慣れた場所を離れて暮らさなければならなくなった震災2か月後の混沌とした社会状況の中で、福島出身/在住の音楽家と詩人が発起人となり、集まった福島県内外の有志とともにプロジェクトFUKUSHIMA! は立ち上げられました。
震災から半年も経たない夏の福島市で大規模な野外音楽フェスティバルを開催することに対してインターネット上には強い批判の声もある中、協力を申し出てくれた放射線衛生学の木村真三博士の存在は心強いものでした。原発から70kmほど離れたフェスティバル会場候補地、福島市郊外の公園「四季の里」の放射線量を測定した際の博士からのアドバイスが後にこのプロジェクトを象徴するものにつながっていくとは、その時は知る由もありません。

—放射線量は1日限りのフェスティバル開催で問題にするほどではない。ただできるかぎり放射性物質を直接触れさせないように、また、靴の裏に付着して拡散することを少しでも防ぐように、そしてその姿勢を示すという意味でも、会場の芝生を覆うように何かシートを広げるとよいでしょう。

このアドバイスをもとに、一般参加者を巻き込んだ作品制作を得意とする美術家・中﨑透の命名で、色とりどりの布を縫い合わせる巨大なパッチワーク、「福島大風呂敷」が構想されました。全国に呼びかけて集められた大量の布が、ほぼ2週間ほどの短い期間でボランティアの手によって「大風呂敷」として縫い合わせられました。祭り当日の朝、集まった200人以上のボランティアたちの手で一気に6,000㎡もの面積に大風呂敷が広げられると、場の空気は一変しました。重く漂っていた緊張が緩んで、ほんの少しの希望が見えたようなかすかな高揚感を覚えたことを今も大風呂敷を広げる度に思い出します。
音楽家・大友良英と坂本龍一と共にステージに立った詩人・和合亮一の朗読をはじめ、アーティストたちのパフォーマンスはどれも鬼気迫るものばかりでした。対照的に、会場に広がる大風呂敷の鮮やかさと手作業の積み重ねが醸すあたたかさとのコントラストによって、このプロジェクトが内包する多義性や多様性が顕在化していたように思います。
ネガティブな場所として世界に知られてしまったFUKUSHIMAを、文化の力でポジティブに転換していくという宣言は、まさに“大風呂敷を広げる”ようなものでした。しかし、広げた布の大きさに見合うような中身をわたしたち自身の手で作っていくことができるとしたら、それは素晴らしいことではないか。「未来はわたしたちの手で」というテーマを掲げたのも、その志をストレートに伝えたかったからに他なりません。
震災のあった年の活動は、この本と同時に発行するDVD『ドキュメンタリー プロジェクトFUKUSHIMA! 』(藤井光監督)にも収められていますが、その後も夏の福島でのフェスティバルは続いています。放射性物質の心配がなくなった震災翌年以降も大風呂敷は会場を彩り、プロジェクトを象徴するヴィジュアルアイコンとなりました。盆踊りを取り入れた2013年以降は、県外の大型芸術祭にも招致されるようになり、全国各地で、大風呂敷の上でオリジナルの盆踊りを踊る祭りが行われました。老いも若きも男も女も、立場の違う人たちがその時ばかりは手に手を取り合い、渦を巻いて踊る。恥ずかしがり屋の多い東北人までがこのけったいな踊りの輪に飛び込んでしまうのは、大風呂敷がかける魔法のせいかもしれません。
大風呂敷をつくったり繕ったりする場所を「大風呂敷工場」と呼びます。祭りの前には年齢や性別も多様なボランティア参加者たちが“工場”に集い、肩を並べて語らいながらミシンを踏みます。福島だけでなく各地で行われる祭りのためにも工場が準備され、それぞれの場所にコミュニティが生まれました。中でも札幌ではもっとも多くの人が集まって大風呂敷が縫われ、ついには10,000㎡もの大風呂敷が広げられるほどになりました。そんな様子を見ているうちに、ひとつの祭りを作り上げる過程で、布を提供する/縫う/広げる/畳むなど、さまざまな“関わりしろ”があることが重要であり、大風呂敷はその関わりしろを作り人々をつなぐ装置として機能していると気づかされるようになりました。
現在、各地で制作された大風呂敷が福島に集められ保管されています。震災から13年がたった今、いったん形ある記録として残したいと考え、10m×10mサイズの大風呂敷85枚をポートレート撮影して本にまとめることにしました。祭りの会場で足もとに広がる大風呂敷の上を歩いてみると、津々浦々から寄せられた布のディテールにひきこまれたり、時々書かれているメッセージを見つけて心動かされることがあります。この本でもきっとそんな大風呂敷の細部までを楽しんでもらえるでしょう。
震災後、無数の活動が生まれ、閉じていきました。我々のプロジェクトが一時的なものとなるのか、この後も継続し発展していくものなのか、それはわかりません。事故から13年、原発事故という災害はまだ片付いた訳ではなく、人々の関係性を複雑化させた爪痕はそこかしこに残されています。災害で破壊された地域社会を再びつなぎ縫い合わせたいと人々が求め行動した記録の一端として、この本を記したいと思います。

プロジェクトFUKUSHIMA! 代表/ディレクター 
山岸清之進

刊行に寄せて